.

.

サルファーinクオーツ(レコードキーパー)

Brazil

,

 

アクアマリン

サイズ:4.5 x 3.5 x 1.9 mm  101 g

サルファー(硫黄)が程よくしみ込み、うっすらと全体がレモン色の水晶ポイントです。以前ご紹介したレモンクオーツほど硫黄が濃くなく、根元に集中して入っているようで、それが全体に光として広がっているようで、この淡さ、透明感が魅力的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サルファー(硫黄)が溶け込んだ水晶、サルファークオーツ(レモンクオーツ)は、黄色い石だから「第三チャクラ」、「バイタリティ」、「活力」というのではなくて、レモンクオーツが与えてくれるものはもう少し違う何か。もっと上のほうで、ハートから意識へと上がってくるものを感じます。精妙なレベルで元気をくれる。しみ込むように励ましてくれる。爽やかな、柔らかな高揚感を与えてくれる・・そんな感じがします。

ジュディ・ホールさん著書でサルファーを見てみると、意識の進化、変化への道を拓く・・とあります。正確には、それを阻んでいるネガティブな性質やガンコな部分を見つけ出してアプローチすることで、意識的な進化を促すそうです。

さらには、「思考プロセスを今現在にグラウンディングさせる」そうですが、凄く分かります・・自分自身の思考パターンや、周囲からの影響や、不安や迷いのスパイラルなどに陥っている時、静かに穏やかな作用のまま「目をさまさせ」てくれ、現実と真実へと素直に意識をつないでくれる。。という性質を、私もこの石に感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらのサルファークオーツは、水晶としても何やらとても雰囲気があるなあと、くるくる回し乍ら見ていましたら、完全形ではない(バランスが均等ではない、一部角の数が違う)のですが、ほぼダウに近い。七角形、三角形、と続いていますが、一組だけ、6角形と4角形のコンビがあり、その4角形のほうに三角レコードが複数、出ています。

個人的に注目したいのは(下写真)この「裏側」のもやもやっとした段差のゾーン、そして(左写真)表側のエッジングのような、針で差したような無数の痕をもつ石肌の雰囲気。サルファーを含むインクルージョンが煙のように揺れるように、立ち上っている姿もとても良い雰囲気です。マスターの匂いがプンプン(笑)

意識的進化をもたらすサルファーだそうですから、このマスターの特性とともに、ガイドやティーチャーとなってくれるかも。おすすめです。

/

10,000円

 

 


(C) Office Earh-Keeper All Rights Reserved.