.

.

ワシタマウンテン・クリスタル

DT 個性派ワンド

アーカンソー(U.S.A.)の聖山 mt. ワシタで産出される水晶

,

サイズ:9.0 x 2.5 x 2.7 cm  71g

アメリカ在住のクリスタルワーカーさんから分けて頂いた直輸入品です。アメリカ仕入れの石は、先日のドラゴンストーンたちのUPでもってウェブでのご紹介を終了する旨、お知らせしていましたが、ドラゴンたちと一緒に入荷していたワシタ3点とレムリアンスターコードを追加upさせて頂きます。詳しくはBlog を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アーカンソー州には、ワシタ山という地元のネイティブたちに崇拝されてきた聖なる山があります。アメリカのヒーラさんたちは、ワシタクリスタルというのは特別に神聖なものであるという認識を持って、扱っているとも聞いています。

非常に澄み切った波動で、透明度が高く、光をたくさん内包しているような、他には無いキラキラした輝きに満ちています。以前ご紹介していたホワイトロータスと同様に、ワシタの水晶はダイナミックな形成過程が窺えるようなものが多く、キズ気や、過去に欠損したような形跡も少なくは無いのですが、全体から溢れ出す独特の清らかさによって、不思議とキズ気や欠損さえも石の言葉の様に見えて、寧ろ魅力的だったりもします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

風変わりなDTのワンド状ポイント原石です。

欠損部から複数の先端を作りながら、結晶していったと思われる片方のトップに対して、反対側はトップ・・と呼んでいいものかという感じの、小さくささやかな先端部。そこでは、やはり大きな欠損部がそのままセルフヒールし、(写真ではうまく映っていませんが)キラキラした細かい結晶たちを無数に産み出している。。

裏側だけ見ていても本当に味があって、セルフヒールとカテドラルライブラリーの中間のような。さらには、ニョキニョキっとたくさんの先端部を生やしているすぐ下に、斜めに子供ポイントが違う方向に向かって生まれています。

面白いですネ〜。大自然の激動の中で、小さな結晶のひとつひとつに魂が宿るように、欠損した小さなポイントを舞台に思い思いに生命を展開しているかのよう。

そしてこの、二つとない創造物が何かをしようと、語りかけてくるような気がします。すくっと伸びたボディはレムリアンリッジのような段差もあり、艶やかで、シルキーなインクルージョンをたっぷりと含んでいます。

ホワイトロータスにも近い、白い水晶の一歩手前のような、ワシタのクリスタルです。

9,000円

 

 


(C) Office Earh-Keeper All Rights Reserved.