.

.

ターコイズ スフィア

産地:中国

,

ターコイズ

大きさの目安に。11号リング(太めの細工)と並べてみました。

直径:29 mm  29g

とても稀少な天然のターコイズです。中国の安徽省で5年ほど前に産出されたものですが、天然のターコイズは鉱山が新たに発見された時だけ産出されるとても稀少なものだそうです。

元来やわらかい石ですので、ラピス等と同様、通常出回っている安価なものは天然ではなく、原石の粉末を樹脂と混ぜ合わせ、更に着色を施した「ねりもの」であることが殆どです。天然ターコイズは着色等はされませんが、石の硬度が低いために安定化(スタビライズド)加工はされています。

自然界の鉱山から、原石のままで使用できるターコイズはほんの僅かで、残りの部分が、練りターコイズの元として使用されるそうです。

中々出会えない、とってもレアな逸品です。さわやかでありながら女性的で優しいターコイズブルーはやはりとても魅力的な色ですね。天使の卵のようでもあり、地球の優しさを体現するようでもあり。女性のお守りにぴったりです。

ちょ

パイライトと思われる金色がたくさん広がっています。母なる地球・・のようでもあり、何となく金星。地球文明の母体であったと言われる金星は、きっとこんな風に美しく爽やかで優美なブルーの世界だったのではないかと、思えて来ます。

自由や創造性を刺激してくれるターコイズ。女性性の肉体的なテーマはマゼンタやチェリーピンクが体現するように思いますが、感性の領域に関しては、ターコイズがぴったりイメージに合います。

もしかするとそれは、金星ゆえなのかもしれません。金星の女神といえばアフロディーテ、同女神のイメージはマゼンタピンクやローズピンクですが、女神の対である男性神エロスの私の中のイメージはターコイズブルーなのです。

両者、金星のエネルギーのそれぞれ違う面を表しているのかもしれないな・・・なんて、思いを馳せるのを手伝う、美しいスフィアです。

 

8,000円

 

 


(C) 2009 Office Earh-Keeper All Rights Reserved.