.

.

トライゴーニック・クリスタル

「ソフィアの雫」 

ミナス・ジェライス Brazil

,

 

 

.

 

7.7 x 2.9 x 2.5 cm  91g

数年前、アメリカの著名なクリスタルヒーラーさんの本を読んで初めて「トライゴーニック」というクリスタルの特徴を知りました。レコードキーパーとは逆の、逆さまの三角形のレコードが無数にびっしりと重なり合うように並んでいるファセットの写真と、「もし貴方の手元にトライゴーニックのクリスタルがやってきたなら、貴方はシャーマンとして選ばれた事になります」というような文章に、圧倒されながらも憧憬を抱いたのを覚えています。

このタイプのミナスジェライス水晶は、独特の外部から浸食を受けたような痕が側面全体に見られ、非常に古い感じがして、ブラジル水晶、ミナスジェライス水晶というくくりの中でも、独特の外見と雰囲気を持っています。

トライゴーニッククリスタル、として仕入れをしているこのグループの水晶ですが、名前の通りトライゴーニックがファセットに見られる事と、外部の特徴との関連性は分かりませんが、ヒマラヤのクル渓谷のアイスクリスタルもやはり、氷河による浸食(もっとはっきりした浸食痕ですが)とファセットにトライゴーニックを持っているので、恐らく関係があるのだと思います。

今回(2011年夏)入荷のグループは、ご覧のように表面が非常にクリアで瑞々しく、内部の透明感もともに、完全に透き通っているのが特徴です。浸食を受けたようなボディのギザギザ、でこぼこはそのままに、ヒマラヤ・マニカランの水晶を思わせるような瑞々しさです。

** * **

遡れば去年、横浜での最初の出張ワークにて、レムリアの海の神殿として活躍してくれたのは、このグループの大きな(かなり・・数キロの)カテドラルでした。劇的な瞑想体験の母体となってくれたことから、自分としても思い入れのあるクリスタルで、ちょこちょこと、仕入れをしてはご紹介して来ました。

今年の初夏の仕入れの折、取引先から聞いていた通り、これまで入荷していたものとはひと味違う輝きを帯びているクリスタルたちがずらりと。去年見たものは、アイスクリスタルのような表面がフロスティなものが多かったのが、今年はきらきら、ピカピカしています。

アメリカのワーカーさん経由のブラジル水晶も、彼女いわく「(ブラジルのサプライヤーは)良かれと思って」表面をより奇麗にするため、軽い磨きをかけたりする様なので、その感じかな。と思っていますが、一点一点、状況は違います。そして(表面外側だけ磨かれていたとしても)トライゴーニックの刻みや、この石の持ち味である深いリッジはそのままです。

今回の石たちの印象から、水というインスピレーションを得ました。それに、最初の出会いでは、レムリアの海の神殿・・つまり海、として出会っていたので、何とかこのグループの石たちに、相応しい名前を授けたいものだと考えていました。レムリアの海の印象もあるかもしれません、淡いブルーグリーンをずっと感じていて、それがやがて、「レムリアの叡智、ソフィア」と結びつきました。

ソフィアはやはり、淡いブルーグリーンをしていて、同時にそれは金星のエネルギーでもあります。レムリアにおいては、人々が自由にアクセスをすることが出来きる「ソフィア」という叡智のエネルギー源泉が、それぞれの都市の上空に浮かんでいました。それは、レムリア文明を建設した際に、長老たち(と呼ばれる存在たちのグループ)によって設置されたもので、新しい街が出来るたび、人々は自分たちの「ソフィアの湖」を空の上に作りました。

そして人々が自由に使うことの出来る聖堂・兼図書館のような施設がありーー(それは私たちの社会でいう公共施設、市役所のようでもあり、銭湯のようでもあります。つまり、叡智をダウンロードすることも、自分を癒すことも、人々は自由にすることが出来たのです)ーー、施設の中でもっとも高い「塔」の屋上には、開けた石の庭園のような屋上がありました。

その屋上は、円形の石造りの椅子(というか石を組んだ曲線の美しい細長いベンチのような。。ずっと長く連なっているのです)があり、そこに座って、人々はそれぞれ思い思いに瞑想をしながら、叡智ーー 空にある叡智の湖にアクセスをして、自分を癒す智慧、生活や人との関係性に関する叡智、森羅万象に関する智慧とガイダンスを、言葉を越えたエネルギーとして自分の身に吸収しました。

また、ソフィアの「複合施設」の一角には寺院があり、ヒーラーであり医者である人々(聖職者でもあります)が、さらに人々の相談に乗り、ニーズに応えました。レムリア人たちは私たちより遥かに意識が高く、調和を保つためにはどうしたら良いかを誰もが知っていました。彼らは常に宇宙とのワンネスという「禅定」に自分をキープするため、自らの情緒と肉体のメンテナンスを、楽しみながら行なっていました。

(以上「ソフィア」についての見解は店主の個人的なもので、2008年に創設したオリジナルワーク「レムリアントランスミッション」の中で情報として受け取った内容になります)

びっしりと折り重なり並ぶトライゴーニックを通じて、レムリアに存在している叡智の泉、ソフィアのエネルギー場にアクセスし、貴方の中のレムリアンスピリットと対話してみるのも良いでしょう。上記のようなソフィアをイメージして、このクリスタルとともに瞑想をして下さい。

トライゴーニックを介して降りてくるレムリアの叡智が、ダイレクトにハートに転送される感覚に出会えるかもしれません。宙空のソフィアを私たちの元に降下させてくれる受け皿となるこのクリスタルを、「ソフィアの雫」と呼ぶことにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏に仕入れて何点かご紹介してきた「ソフィア」はあと2点の在庫となりました。こちらの1点はこれまでの中でも小柄です。全体的にピカピカ度が高くて、瑞々しさは満点です。程よいハンディサイズである点もおすすめポイント。

ファセットのトライゴーニックはどちらかと言えば大雑把で細かい三角がびっしりという感じではありません。それでも小さいファセットの中でひしめくように逆向き三角形が見えている様子は、圧倒されるような独特のパワーを秘めています。

ほっそりしたボディも美しいです。ファセットも丸みを感じさせる形状で、持ち歩くにも心配要りません。パワフルながらに、身近なマスターストーンになってくれるでしょう。

.

28,000円

 

 


(C) Office Earh-Keeper All Rights Reserved.